ホーム > メイク > 自まつ毛を生かした目元メイク

自まつ毛を生かした目元メイク

皆さんはアイメイクをする時こだわりはありますか?

 

筆者はナチュラルに見せたいからこそ、まつ毛のメイクにこだわっています。実は、つけるだけでなんとなくメイクが濃くなってしまう気がするマスカラも使い方次第で、自まつ毛を活かした目元メイクが完成しますよ。

 

 

まずは、メイクの前に大切なのまつ毛ケアですが、皆様は何か取り入れているでしょうか。最近ではドラッグストアでもまつげ美容液が販売されていて、どれが良いのか迷いますよね。とにかく使ったこと無い方はぜひどれでも試しに使ってください。

 

量が少ないや、長さが短い、生え方のバランスが悪いなどの悩みはまつげケアで解消して自まつ毛にまずは自信をつけましょう。アイメイクもリムーバーで落とすようにするだけでまつげケアになりますね。

 

ちなみに、目元美容液の中にはまつげケアにもどうぞというものもあります。一石二鳥なのでぜひ調べてみると良いかもしれません。

 

そして、メイクで1番大切なのは「グラデーション」です。グラデーションというと、重ねてできるものというイメージから難しいと感じたり、濃いメイクを想像してしまうと思います。

 

しかし、実はマスカラをつけるだけで、つけまつ毛をつけるだけで奥行きが出て、目元のメイクはすでにグラデーションが出来てしまうんです。単色のアイシャドウをつければ、さらにもう一段階、そしてアイラインを引けば2段階もグラデーションが出来るのです。

 

まつ毛の隙間から見えるアイシャドウが美しく見えるように、ナチュラルでも、目元をぱっちりさせたいですよね。ホットビューラーやもしくはにビューラーのゴムにケープをスプレーして、カールをキープさせておきます。次にマスカラをつける時は、ひじきのように太くならないようにまつ毛が少し濃くなったなと思うくらいにしましょう。下から上だけではなくて、軽く上から下にもつけておくことで目線を下にした時に。不自然さが無いです。下まつげは難しいという人は、下まぶたに名刺サイズ位の紙を敷いて紙になすりつけるようにすると、誤ってまぶたにつかずに綺麗につけることができますよ。

 

ちなみに筆者は、下まぶたもマスカラは絶対つけたいので、アイシャドウはベージュややわらかめのゴールドなどにして、透明感とナチュラルな立体感が出るようにアイラインも引きません。ブラウンを使って柔らかい印象は残しながら、引き締めてもいいですね。

 

いかがでしょうか。マツエクやつけまつげが流行していますが、自まつ毛を活かすメイクも私は素敵だと感じております。お悩みは皆様それぞれあると思いますが、きちんとケアをして、メイクのバランスも見ながらナチュラルで美しい女性を一緒に目指しましょう。

レコメサイト http://www.n-amayadori.jp/